妊娠中ブログ

「妊娠中、仕事が休みにくい」休職のベストタイミングっていつ?休業期間とは?

赤ちゃんのゆりかご

20年ほど前までなら『夫は外で稼いで、妻は家庭を守る』みたいな構図が当たり前だったように思います。

僕が子供の頃も、夏休みに友達の家に遊びに行ってもお母さんは家にいる家庭が多かったですね。

『仕事から帰ってくるお父さんの夕飯やお風呂の準備がお母さんの仕事』

当時はなんとなくそれが普通だと思っていましたし、実際そういった家族の方が多かった記憶です。

2018年現在はどうでしょうか?
ひと昔前とは変わり、女性が外に働きに出るのは当たり前になってきました。

https://twitter.com/196211071238/status/930080460998197248

ウチの妻も調整はしつつ、10週目の今も仕事(週3~4に調整)に行っています。休みには1日中横になっているかトイレでリバースしているかというくらいにはつわりも酷いですが、職場はギリギリの人員で回しているため休めないそうです。

これが女性のつらいところ・・・。仕事には穴を空けられないけど、妊娠や出産を誰かに代わってもらう訳にもいきません。

この記事ではそんな妊娠・出産と休職についての情報をまとめていきたいと思います。

実際、妊娠しても仕事は休みにくい

妻はかなりつわりが激しい方ですが、それでも仕事に行く理由の1つは最少人数で現場を回しているためというものがあります。

そりゃ経営サイドからすればコストは抑えて利益を増やしたいですからね。
人件費なんて1番初めに見直される部分でしょうから、人数に余裕が無いのはしょうがありません。中小企業や個人店などはどこだってそうでしょう。

すでに1人産休中

しかし、今回のこういった場合困りますね。実は、すでにウチの奥さんの職場(基本的に女性3人)では店長さんが産休中なのです。

今はもう元気な子が産まれて数カ月経ちますが、このまま上手くいけばウチの奥さんと入れ替わる形になるんだとか。

綱渡り感が凄いですが実際他にいい方法は思いつきません。新たに人を雇い入れても、いつかみんな揃うことになれば完全に人員過多(小さなお店ですので)でしょうし・・・。

結果的にこのタイミングで妻は妊娠しましたが、こればっかりは時期を選んではいられない状況だったんです。

コウノさん
コウノさん
3年かかって6回目の治療で妻がやっと妊娠できました。

代わりがいない

ウチの妻が休めない理由はこれです。接客業なので指名で来てくれるお客さんには代わりがききません。

それでも先月からはフルタイム→パートに変えてもらって、指名が無い日はお休みにもさせてもらっています。

週2の時もあれば週5の時もあります。長くても時間は4~5時間ほどですが、移動やストレスなど心配事は尽きません。

人が足りない

これもありますね。現状、妻ともう1人で回している状態ですので、妻が休んでしまってはもう1人の方が何かあった時に対応できないようです。

実際、スキルアップのための講義などがある場合、お店は休みにしているんだそう。完全予約制のお店なので、なんとかそれでも回せているそうですが、飛び込みなど新規客などの取りこぼしは免れません。

休職のタイミングは?

妻は出産後、落ち着いてから職場復帰を考えているそうで、期を見て休職させてもらう段取りだそうです。職場にももう話は通してあります。

ただ、体調と相談になるので、予定通り話が進むかどうかは神のみぞ知るところ。今のところつわりが12~14週頃に落ち着く算段で動いています。

【高齢での妊娠】、【体外受精】、【初めての妊娠】という3つの特殊とも言える条件が重なった状況なため、妻に僕からこう持ち掛けてみました。

コウノさん
コウノさん
こんな状況だし、優先すべきはお腹の子。思い切って1年ほど休ませてもらってはどうか?

妻
1年も家で大人しくしてる方が具合が悪くなりそうだわ・・・。汗

難しいところですが、今のところ本人の意思を尊重する方向でいっています。2人でストレスが無い方を選んだつもりです。

産前休業期間について

厚生労働省の定める産前休業の期間は6週間(多胎妊娠の場合は14週間)です。
なので、例えばウチは2018年6月16日が予定日ですので、その場合2018年5月6日からの申請が可能です。

引用元:厚生労働省「産前産後休業を取るときは」

これは申請すれば取得できる権利で、あえて申請をせずギリギリまで働く方もたくさんいらっしゃいます。
申請方法は会社によってまちまちなので、ご自身の勤め先で確認するといいでしょう。

会社の方にも都合がありますから、気持ち早めに相談しておくと会社側も段取りがスムーズです。会社によっては細かい手続きが必要なケースもありますので、やっぱり早め早めの行動が結果的になにかと効率がいいのかなと思います。

ウチの妻も体調との相談にはなりますが、今のところ8カ月目くらいまでの就労を考えています。職場はかなり理解のある会社で、こちらの考えを最優先に現場の調整をしてくれるそうで助かっています。

すでに上司が産休しているというのもあって、妻もそのあたりかなり気が楽なんじゃないでしょうか。
妊娠・出産に職場の協力は必須ですもんね。

産後休業期間について

この産後休業期間は少しさっきの産前休業とは違います。
妊婦さんは労働基準法第65条により出産の翌日から8週間は働くことが認められていません。

ただし、産後6週間が経過し、本人の申請があり医師が認めた場合のみ働いてもいいというルールになっています。

ウチの場合予定日通り出産したとして、出産日の翌日6月17日から8週間、8月11日までは休業が認められているという訳です。

『出産予定日が1週間伸びた』

産前休業期間を超えて休んでしまった場合。

予定日よりも遅れて出産しても問題ありません。
予定日から実際の出産日までは産前休業に含まれます。
その場合の産後休業期間もちゃんと出産日の翌日から8週間のカウントですのでご安心を。

産後についてはウチはまだどうするか決まっていません。とにかく妻が家に居たくない人なのでなんとも言えませんが、『赤ちゃんが産まれてきたら考え方も変わるのでは?』と思っています。

現在産休中の上司との兼ね合いもありますし、今後、他の方の都合が変わらないという保証もありませんしね。(実は1人辞めるかも知れない話だとか(笑))

たぶん赤ちゃんのことでいっぱいいっぱいで、仕事どころでは無くなるでしょう(笑)。
嬉しい悲鳴ではあります。

妊娠中の休職情報まとめ

ここまでウチの妻の職場の状況と絡めて、一般的な妊婦さんの休職に関する情報など書いてきました。以下はそのまとめ⇊

妊婦さんの休職情報まとめ

  1. 妊娠とはいえやはり仕事は休みづらい
  2. 勤め先の理解がある分かなり今は助かっている
  3. 産前休業は6週間(双子以上なら14週間)、申請すれば取得できる
  4. 申請方法は勤め先による
  5. 産後8週間は働くことが法律で禁じられている
  6. 本人の申請と医師の許可があれば産後6週間経てば働ける

と、なりました。各々職場の状況・都合あるでしょうが、産前産後休業は権利として法で認められています。
産まれてくる赤ちゃんのためにも、最善な出産環境を勝ち取ってください!

最後に

妻の職場は凄くアットホームで、妊娠・出産に対してかなり強力的な環境だったので助かっています。

世の中には立場的にそういう訳にはいかない方も数多くいらっしゃるでしょう・・・。
この記事がこれから出産を控える方の環境改善に、少しでも役に立てば嬉しいです。

一緒に元気な赤ちゃんを迎えましょうね!

 

以上、【妊婦さんの休職に関しての情報】でした。ここまで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
コウノさん
コウノさん
37歳の妻が6度目の胚移植でついに妊娠しました。 このブログはそんな高齢で初の妊娠をした妻を近くで支える夫目線での記録です。同じように、不妊治療や高齢出産に挑戦する人達に読んで欲しいなと思います。妊婦さんのお役立ち情報も発信したい!!