妊娠中ブログ

妊娠初期によくある不安10選|妊娠前/カフェイン/生活環境等について

妊娠初期の悩みを抱える女性

妊娠すると赤ちゃんとママはへその緒でつながり、書いて字の如く一心同体になりますよね。
そのため、これまでは気にならなかった小さなことも気にする必要が出てきたりします。

特に(うちの夫婦もそうなんですが)初めての妊娠となると加減が分からずに右往左往しがちです。

この記事では、妊娠初期を中心に妊婦さんが不安に思うことを10個選んで、その答えを僕なりに調べたものをまとめていきたいと思います。

うちと同じような初めての妊娠中のママを持つ夫婦や、同じような悩みを疑問を抱える方に読んで欲しいなと思います。

妊娠前の不安

壁際でうなだれ悩む女性

妊娠発覚前にX線検査を受けてしまったが平気でしょうか?

X線検査は放射線を利用して行う検査です。
これは心配になりますよね。

大量に放射線を浴びれば、お腹の赤ちゃんに影響があるのは明らかですが、通常のX線検査で浴びる放射線の量は非常に微量です。

検診で受けた程度なら心配はありません。
ただし、妊娠が判ったあとは、撮影前に必ず妊娠しているということを病院側に伝えましょう。

A.赤ちゃんに影響する量では無いようです!

アトピーでステロイド系の塗り薬を使用しているが、妊娠中にも使えるでしょうか?

ステロイドというと、薬の成分が体内に蓄積されると考える人もいるようです。
ですが、妊娠前に使っていた薬を妊娠後に使ってもまず大丈夫!

念のため、医師に『妊娠中も使えるか?』と確認しておくと、より安心かと思います。

A.念のために医師に確認すると安心です!

排卵誘発剤はお腹の赤ちゃんに影響はないでしょうか?

排卵誘発剤は、排卵しづらいために妊娠に至らないケースに使われるもので、排卵を促す薬です。

定期的に使っていたことで不安に思う方も多いかも知れませんが、排卵誘発剤は妊娠経過やお腹の赤ちゃんに影響しないからこそ、不妊治療に使われています。

安心して妊娠生活を過ごしてください。

妊娠や赤ちゃんに影響しないからこそ使われています!

妊娠発覚前にビタミンや滋養強壮ドリンクを飲んでいたが大丈夫でしょうか?

ビタミン剤に関しては、用法・容量を守ってさえいれば問題になることは無いでしょう。
ただし、ビタミンAを過剰に摂取すると。赤ちゃんに形体異常が起こる恐れがあるので要注意です!

また、滋養強壮ドリンクも問題は特にありませんが、妊娠中は必要なもの以外は摂らないのが原則。
普段の食事でバランスよく栄養をとることを心がけ、疲れない生活にしましょう。

疲れにくい生活改善が重要!
ビタミンは食事から摂るようにしたいところ。

妊娠直前にパパが風邪薬を服用していたが精子に影響への影響は大丈夫でしょうか?

パパが飲んだ薬で赤ちゃんに影響があるとすれば、遺伝子に影響を与える薬です。
つまりは、染色体やDNAに関わるもの。

こうした薬は非常に少なく、抗がん剤などのごく一部です。
なので、パパが飲んだ風邪薬が精子やお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことはまずありません。

精子に影響を与える薬はごく一部!

カフェイン・アルコールについての不安

カフェインレスコーヒー

毎晩のようにお酒を飲んでいた直後に妊娠したのですが、お腹の赤ちゃんは大丈夫でしょうか?

個人差はあれど、アルコールは1日でたいていは代謝され、尿として排出されます。
なので、飲んでいたアルコールが体に蓄積され、赤ちゃんに何らかの影響を及ぼすことはまずありません。

ただし、今後はママの飲んだアルコールが胎盤を通してお腹の赤ちゃんに届きます。
毎晩のようにアルコールを飲んでいると、赤ちゃんの脳や神経の発達に影響を及ぼします。
また、成長が妨げられる危険性も出てきます。

妊娠が判った時点で、お酒を飲むのは一切やめるようにしてください。

妊娠が判ったら一切禁酒!!

コーヒーが大好きで毎日何倍も飲んでいますが、やめた方がいいですか?

コーヒーに含まれるカフェインは、大量に摂ると血管が収縮して胎盤への血流が悪くなり、赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなる可能性があります。
ですので、妊娠中は飲み過ぎないようにしたいものです。

ノンカフェインのコーヒー豆やインスタントコーヒーも市販されていますし、カフェに行けばノンカフェインのコーヒーが置いてありますのでそっちを選びましょう。

ノンカフェインを選びましょう!
ちなみにうちの奥さんはカフェイン断ちしてます。

生活環境についての不安

ペットの猫

ペットを飼っているのですが、気をつけなければならないことはありますか?

ペットを飼っている人は、『トキソプラズマ症』という感染症に注意が必要です。
妊娠初期にかかると、流産の原因になったり、赤ちゃんの脳や視力に悪影響が出る恐れがあります。

まれな病気ではありますが、口移しで餌をあげたりキスや顔を舐めさせるのは控えましょう。
また、排泄物はゴム手袋を装着するなどして、すぐに処理するように!

排泄物の処理をきちんと!
ペットとのすみ分けが必要。

月経の周期に28日~32日とずれがあるのですが、出産予定日はどのように計算するの?

28~32日程度のずれなら、28日を基本に考えます。
出産予定日は、最終月経の始まる初日を0週0日として、そこから満280日となります。

ただし、より正確な出産予定日は妊娠初期の超音波検査で算出します。
赤ちゃんの頭からお尻までの長さを測り、その数値を基準に出産予定日が修正・確定されます。

正確な出産予定日は超音波検査で算出!

妊娠中に引っ越しをする予定があるのですが、母子手帳は移転先でもらうのですか?

母子健康手帳に書かれている内容は、基本的に全国共通なので、今まで使っていた物で大丈夫です。
ただし、妊婦検診が妊婦検診が無料になる回数などは自治体によって異なるので、転居先の母子保健担当窓口で確認しましょう。

現在住んでいる自治体からもらったものを使います!

妊娠初期の不安 まとめ

妊娠前~妊娠初期だけでざっと出しただけでもこれだけの不安が出てきます。
掘り下げるとまだまだありそうですが、キリが無さそうなのでこの記事では10個選んでQ&Aのような形でまとめています。

Question Answer
X検査について 赤ちゃんに影響する量ではない
ステロイド入りの塗り薬 医師に相談の上で継続使用も可能
排卵誘発剤 妊娠や赤ちゃんに影響なし
栄養剤 生活改善で疲れない工夫を
ビタミンは食事で摂るようにしよう
パパの風邪薬 精子に影響を与える薬はごく一部
アルコール 妊娠が判った時点で禁酒
カフェイン ノンカフェインに切り替えよう
ペット トキソプラズマ症感染に注意
出産予定日 超音波検査で正確に算出
妊娠中の引っ越し 母子手帳は現在住んでいる自治体のものを使用

となりました。

参考になる情報はありましたでしょうか?
この記事がお役に立てたのなら幸いです。

最後に

まだまだ妊娠生活はこれからも続きます。
妊婦さんの大敵であるストレスを溜めないためにも、ある程度の予備知識は持っておきたいですよね。

今後も当ブログでは、妻の妊娠経過と共に、妊婦さんにとって役に立つ情報を発信していけたらなと思っています。

ちょうど自分も知りたいことばかりなので、勉強にもなるし有難かったりします(笑)。

 

以上、【妊娠前から妊娠初期を中心にした妊婦さんの悩み】まとめでした!
ここまで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
コウノさん
コウノさん
37歳の妻が6度目の胚移植でついに妊娠しました。 このブログはそんな高齢で初の妊娠をした妻を近くで支える夫目線での記録です。同じように、不妊治療や高齢出産に挑戦する人達に読んで欲しいなと思います。妊婦さんのお役立ち情報も発信したい!!