2か月

妊娠初期の主な血液検査の内容11種|検査は初期・中期・後期の最低3回

白い帽子を被る赤ちゃん

妊婦さん(特に妊娠初期)はマメに病院に通い検査します。
ウチの場合、10週目までは2週間に1度、それ以降は4週間に1度といった感じです。

検診の度にエコー検査など行い、『お腹の中の赤ちゃんとママの体に異常が無いか?』を調べてくれているのです。

今日はその妊婦さんの検診の内、妊娠初期の血液検査の内容について触れていきたいと思います。

妻
注射は好きじゃないけど、しっかり診て貰っておいて方が結果的に安心だものね!

妊娠初期の主な血液検査の内容

血液検査結果
初期の血液検査の結果

妊婦さんの血液検査は、妊娠全期間を通じて3~4回行います。

その内容は、貧血検査・B型肝炎や梅毒などの感染症、肝臓・腎臓などの機能など、母体全体の健康状態などを診ます。

母体の異常は早期発見が大事になってくるので、妊娠初期の検査内容は特に多岐にわたります。

血液検査の受け方のコツ

  1. 袖のまくりやすい服を選んで着ていく
  2. 注射する時はとにかくリラックス
  3. 裁決後は2~3分しっかり押さえて止血する

以下は妊娠初期の主な血液検査の内容11種です⇊

血液型検査

緊急時の輸血に備え、ABO式とRh式で検査。
ママがRh(-)でパパがRh(+)の場合は、より詳しい検査が必要になってきます。

貧血検査

これは妊娠期間中2~3回検査します。
貧血が酷いと妊娠中から出産後まで影響することがあります。

その場合、食事指導が行われたり鉄剤の投与が行われることもあります。

風疹検査

風疹に対する免疫(抗体価)を検査。
抗体価は8の倍数で示され、数値が高い時は再検査をします。

近年、風疹の流行により妊婦さんの風疹感染が特に心配されています。
妊娠初期に風疹に感染すると、お腹の中の赤ちゃんの心臓や耳や目などに、重度の合併症を引き起こさせてしまう可能性があります。

妊婦さんやパパも含めて、感染しないように細心の注意を心がけて下さい。

風疹は特効薬が無いので、手洗いうがいの徹底や、予防接種のワクチンなどを接種するなどしましょう。

スポンサーリンク


梅毒血清反応検査

性感染症の1つ。
万が一、梅毒にママが感染していると、流・早産の原因になります。

また、胎児の先天性梅毒障害を引き起こすことも。

HIV抗体検査

エイズ(後天性免疫不全症候群)ウイルスに感染しているかどうかを検査。
感染していると分娩時に母子感染の可能性が。

HCV抗体検査

HCVとはC型肝炎ウイルスのことです。
C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べます。

不明な点が多いC型肝炎ですが、血液を通して母子感染する可能性があることが分かっています。

HBs抗原検査

B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べる検査です。
分娩時や出産後に、母子感染するのを防ぎます。

スポンサーリンク


HTLV-I検査

成人T細胞白血病(ATL)のウイルスの有無を調べます。
ママが感染していると母乳を介して、赤ちゃんに感染する可能性があります。

トキソプラズマ抗体検査

トキソプラズマ症とは、寄生性原生物によって起こされる感染症です。
猫の便や生肉などの原虫から、母体が感染していないかを調べます。

不規則抗体検査

ママと赤ちゃんの血液型(特にRh式)が異なる場合、赤ちゃんに黄疸(おうだん)が出る可能性があるため、トラブルになる血液中の抗体をチェックします。

サイトメガロウイルス抗体検査

これも感染症の一種。
多くの人が免疫を持っていますが、最近、免疫を持たない人が増加の傾向にあるようです。

妊娠中に初めて感染すると胎児に影響する可能性があるため、免疫(抗体価)を調べます。

血液検査の費用について

七色の試験管

妊婦さんの検診の費用は住んでいる自治体や病院によって変わってくるので、金額は人それぞれです。
妊娠は病気ではないので保険は適用されません。

僕が暮らす地域では、母子手帳をもらう時に妊婦検診の助成券も一緒にもらえました。
詳しく知りたい方は、お住いの地域のホームページなどをご覧になってください。

役所に電話をかけ「妊婦検診の助成制度について知りたいのですが」と言えば、丁寧に案内してくれるはずです。

初期の採血は調べる項目も多いため5,000円~10,000円以上かかると思います。
助成券と費用の差額が実費負担になると思うので、心配な方はかかりつけの病院に金額を事前に確認しておくと安心ですね。

最後に

以上が、妊娠初期に行う血液検査の内容11種でした。

すべてお腹の中の赤ちゃんに元気に産まれてきてもらうために必要な検査です。
忘れず責任を持って受けるようにして下さいね!

しっかり検診を受け、ストレスは極力排除し、水分・栄養は十分に摂りつつ後は元気に出てきてくれるのを待つばかりです。

うちは次の検診で性別が分かるだろうと言われています。
今から楽しみでなりません♪

ちなみに、まだ名前は候補すら決めていません。
最終的には顔を見てから決めようと妻と話しています。

 

以上、妊娠初期の主な血液検査の内容でした!
ここまで読んでくれてありがとうございました。

ABOUT ME
コウノさん
コウノさん
37歳の妻が6度目の胚移植でついに妊娠しました。 このブログはそんな高齢で初の妊娠をした妻を近くで支える夫目線での記録です。同じように、不妊治療や高齢出産に挑戦する人達に読んで欲しいなと思います。妊婦さんのお役立ち情報も発信したい!!